今作のテーマは「鍵開け」です。 錠前は利便性と安全性を両立させてきました。鍵は紀元前から存在し、利用目的や地域の違いによって進化を遂げました。
本書では、そうした多岐にわたる錠前について、体系的に解説しました。 また、錠前の解錠・破錠、バイパス解錠といった従来の解錠技術について、たくさんの図を用いて解説しています。
対象読者 ・錠前の解錠法について理解したい人 ・錠前の歴史・構造に興味がある人 ・セキュリティ専門家 ・ハッカーを目指す人